ページ内移動用のリンクです


ムヒの虫よけムシペール®シリーズ 虫よけ成分ディート12%配合で蚊・マダニやツツガムシからお肌を守ります。 ムヒの虫よけムシペール®シリーズ

  • 医薬品の虫よけ剤とは虫よけ剤が効く虫 効かない虫
  • 蚊による恐ろしい感染症
  • ダニによる恐ろしい感染症
  • 「マダニ」情報&対策
  • 商品紹介

「マダニ」情報&対策

最近感染症による被害が増大しており、話題となっているマダニについて、詳しく解説していきましょう。

マダニが媒介する感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」について

病名 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)
病原体 SFTSウイルス(ブニアウイルス科フレボウイルス属)
媒介するダニ フタトゲチマダニ、タカサゴキララマダニ、ヒゲナガマダニ、オオトゲチマダニ、キチマダニ
感染症状 潜伏期間は、6日〜2週間で、発熱、倦怠感、食欲低下、消化器症状、リンパ節腫脹、出血症状が起こり、検査をすると血小板数の顕著な低下を認める。重篤化すると死亡する場合がある。
ワクチン/予防薬 なし

※厚生労働省は「SFTSウィルスを保有するマダニが全国的に広く存在している可能性がある」と発表し、注意を呼びかけています。

マダニについて

マダニの特徴

※画像にマウスを乗せると実物の写真になります

マダニは、8本足からなる節足動物で、一般に家の中に住むイエダニとは違う種で、全国の野山に広く分布しています。
マダニとイエダニの大きな違いは大きさで、マダニが3.4ミリ〜1センチ程度であるのに対し、イエダニは0.5ミリ〜1ミリ程度です。

写真提供:兵庫医科大学皮膚科 夏秋 優 先生

マダニの一生

マダニの唯一の栄養源は、動物の血液で、幼ダニ、若ダニは発育・脱皮のため、成ダニは産卵のために吸血します。

マダニはどうやって血を吸うのか

草の上で吸血対象(ここではヒト)が来るのをじっくり待ち、ヒトの炭酸ガスを感知し、ヒトに向かいます。
ヒトに付くと唾液で皮膚を溶かしながら、鋏角(きょうかく)というはさみで皮膚を切開し、口下片という突起物(あご)を差し込んで吸血します。
また、吸血時に唾液と共に分泌されるセメント様物質が、マダニを皮膚にがっちり固定します。

咬まれた時の対処法

マダニは、頭部のあごを皮膚に埋めて吸血するので、焦って体の方を引っ張るとあごの部分が抜けずに残ってしまうことがあります。気づいたら、自分では取らずにすぐに皮膚科を受診してください。

対策方法は?

まずはマダニに咬まれないようにすることが重要です。そのためには、長袖・長ズボンなどの着用で肌の露出を少なくしたり、虫よけ剤を使用することも効果的です。ぜひ、マダニの忌避の効能を持つ「ムシペールシリーズ」をお試しください。