ページ内移動用のリンクです


ムヒの虫よけムシペール®シリーズ 虫よけ成分ディート12%配合で蚊・マダニやツツガムシからお肌を守ります。 ムヒの虫よけムシペール®シリーズ

  • 医薬品の虫よけ剤とは虫よけ剤が効く虫 効かない虫
  • 蚊による恐ろしい感染症
  • ダニによる恐ろしい感染症
  • 「マダニ」情報&対策
  • 商品紹介

医薬品の虫よけ剤とは?

欲しかったのは効き目のある虫よけ。ムシペールは医薬品の虫よけです!

「医薬品の虫よけ剤」はここが違う

医薬品のムシペールをつけると、どうして「蚊」に刺されないの?

ムシペールの虫よけ成分は、蚊が吸血対象を判断する際に感じ取っている「炭酸ガス」を感じられなくすることで、蚊を寄せ付けない効果があります。

メスの蚊は皮ふから発散している僅かな炭酸ガスを触角で感じて寄ってきて、毛細血管から、産卵のための栄養源として血を吸います。
ムシペールを噴霧しておくと、皮ふ表面からムシペール中の虫よけ成分が少しずつ蒸散します。
蚊が寄ってきた場合、蒸散している虫よけ成分が蚊の触角に入ります。すると、炭酸ガスを感じることができなくなり、吸血対象と判断できず刺されなくなります。

ムシペールは医薬品とのことですが、医薬部外品の虫よけとはどこが違うの?

医薬品の虫よけは、虫よけ成分ディートを12%配合できるのに対し、医薬部外品は10%までしか配合できません。つまり有効成分のディートの配合濃度が違うのです。 効き目の強さと持続性は虫よけ成分濃度に比例しますので、虫よけ成分濃度が高い医薬品の方が優れた虫よけ効果をもっています。虫よけ剤は一般的には医薬部外品がほとんどですが、ムシペールはひとつ上の医薬品です。